カードローン

キャッシングで審査が甘い借入先一覧!独自審査のカードローンなら即日の審査にも通りやすい

キャッシング 審査 甘い

すでに他社からの借り入れがある、あるいは信用情報に自信がない人の中には、審査の甘いキャッシングがないか探している人が多いでしょう。

結論をいうと、審査が甘いと言いきれるキャッシングは存在しません

大手・中小に関係なくどのキャッシング先も法律に沿った審査を行っており、確実に審査に通る業者は違法業者の可能性が高いです。

しかしいくつかの消費者金融は、独自審査でカードローンやフリーローンを提供しており、柔軟な融資に対応してくれる可能性があります

特に中小消費者金融は独自審査に対応しており、審査に通れば即日融資を受けられるところも。

本記事では、審査に自信がない人向けの消費者金融や、審査に通過するためのポイントを解説します。

審査に落ちてしまったときにお金を工面する方法も紹介するので、お金が足りなくて困っている人はぜひご覧ください。

アイフルは銀行に属さず独自審査を実施しているカードローン
アイフルの訴求バナー

アイフルは消費者金融の中でも銀行系に属しておらず、独自で審査基準を設けているカードローンです。

金融機関名 親組織
プロミス 三井住友フィナンシャルグループ
アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アイフル -

銀行系を親組織にもつローン会社の場合、親会社である銀行の内容を審査基準として設けている傾向にあります。

過去に関係会社の銀行ローンやクレジット会社での延滞経験があると、審査の際に延滞履歴として検出されてしまい、審査に落ちてしまう可能性も。

また消費者金融での延滞をきっかけに、関係会社での住宅ローンやマイカーローンに通らなくなるケースも想定されます。

一方でアイフルは「アイフル株式会社」として独立している消費者金融。

独自審査のカードローンやフリーローンを展開しており、他社よりも審査に柔軟に対応してくれる傾向です。

目次

審査の甘いキャッシング業者はない?審査を避けられない理由

審査の甘いキャッシングサービスはなく、どのサービスでも必ず審査を受ける必要があります。

以下では、キャッシングにおいて審査を避けられない理由や、中小消費者金融の審査難易度を解説します。

キャッシングでは貸金業法により審査が義務付けられている!審査なしは違法の確率が高い

すべての貸金業者は、貸金業法第十三条により申込者の返済能力の調査が義務付けられています。

これは自分の返済能力を超えてお金を借りてしまう多重債務から、債務者を守るために定められた法律です。

貸金業者は一般的に以下の情報をもとに、申込者の返済能力を判断しています。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 他社からの借り入れ
  • カードローンやクレジットカード、携帯電話などの支払い履歴

ただし審査基準は会社によってそれぞれ異なり、公表はされていません。

さらに「審査が甘い」などの触れ込みは、誇大広告として同じく貸金業法第十六条で禁止されています。

よって「審査が緩い」「審査なし」などを謳う業者は、違法で営業している闇金である確率が高いので、利用しないよう注意しましょう。

中小消費者金融では独自の審査を行っているケースがある

どのおすすめカードローンの中でも審査は避けられませんが、中小の消費者金融では大手とは異なる独自の基準で審査を行っている場合があります。

つまり大手の審査に落ちた場合でも、中小なら審査に通る可能性も。

大手の消費者金融はスコアリングシステムを使って機械的に審査を行う傾向にあるため、信用情報に傷があると審査に落ちる可能性があります。

しかし中小では人の手によって審査が行われるケースも珍しくなく、過去の履歴よりも現在の状況を重視するところも多くあります。

また中小の消費者金融の金利は大手に比べて高めです。

金利が高いと資金の回収スパンも短くなるため、金利と引き換えに門戸を広くしているのも中小消費者金融の特徴です。

独自の審査で甘い傾向にある中小消費者金融のキャッシング

独自の審査を行っており、審査に通るか自信のない人にもおすすめの中小消費者金融を6社紹介します。

中には無利息期間や融資スピードにおいて、大手並みのサービス水準を誇る会社も存在するので、各社の特徴を見ていきましょう。

キャッシングのいつもは周囲にバレないよう徹底的に配慮

いつもの商標キャプチャ

項目 詳細
金利 4.8%~20.0%
融資時間 最短30分
限度額 1万円~500万円
無利息期間 最大60日間

いつもは周囲にバレないための配慮を徹底している中小の消費者金融です。

申し込みはネットで完結し、郵送物やカードも一切なしで契約できます。

在籍確認についても、社員証や名刺の提出で済む場合が多く、職場への電話連絡は原則行いません。

さらに審査完了までは最短30分、振込までは最短45分と大手と変わらないスピード感で審査を行っているのも特徴です。

新規かつ60万円以上の契約なら、最大60日間の無利息期間が適用されるのもポイントです。

申込者の多くが他社での借り入れ経験があり、大手の審査に落ちたときの候補として利用する人も多い傾向にあります。

大手の審査に通らなかった人も、諦めずにいつもへ申し込んでみましょう。

セントラルは無利息期間が30日と大手並みで即日も可能

セントラルの商標キャプチャ

項目 詳細
金利 4.8%~18.0%
融資時間 最短即日
限度額 1万円~300万円
無利息期間 最大30日間

1973年創業の老舗消費者金融のセントラルは、新規契約で30日間の無利息期間が適用されます。

30日間の無利息期間は大手並みの水準のため、大手の審査に落ちた際に検討したい借入先の一つになります。

契約すると発行されるCカードは、セントラルのATMや全国のセブン銀行ATMで使用可能です。

首都圏や大阪、中国四国地方を中心に展開しているセントラルの店舗やATMなら手数料無料で使えるのも強みです。

女性スタッフが受付をする女性向けカードローン「マイレディス」も用意されているので、初めてお金を借りる女性も安心して利用できます。

さらに平日14時までの申し込みで、最短即日で融資を受けられます。

申し込みはインターネットからできるため、急ぎでお金が必要な人は今すぐ申し込みましょう。

ベルーナノーティスは何度でも無利息期間を使える

ベルーナノーティスの商標キャプチャ

項目 詳細
金利 4.5%~18.0%
融資時間 最短24時間以内
限度額 1万円~300万円
無利息期間 14日間

ベルーナノーティスの大きな特徴は、14日間の無利息期間を何度でも利用できる点です。

以下のケースに該当すれば、何度でも無利息期間を利用できます。

  • 初回の借り入れ
  • 完済後、かつ前回の無利息期間を利用した借入日から3ヶ月後

給料日までにお金が足りなくなりがちな人にとっては、メリットの大きいサービスです。

初回の場合も、契約日ではなく初回借入日からスタートするため、契約だけしておくのもおすすめ。

ベルーナノーティスのもう一つの特徴は、女性の利用者が多い点です。

専業主婦への融資も積極的に行っており(配偶者の同意が必要)、カードローンに抵抗のある人でも利用しやすくなっています。

審査は最短30分で完了、24時間以内の融資も可能なため、急ぎの人も安心です。

アローは最短45分のスピード審査が特徴

アローの商標キャプチャ

項目 詳細
金利 15.0%~19.94%
融資時間 最短即日
限度額 200万円
無利息期間 なし

アローは最短45分で審査完了、振込も即日で可能なスピード感が特徴の消費者金融です。

アプリも用意されており、アプリからの申し込みならWeb完結で郵送物なしでの契約もできます。

中小でアプリを用意している消費者金融は少ないため、使い勝手を重視する人におすすめです。

職場への在籍確認も行っていないため、周りにバレたくない人も安心して利用できます。

ただしアローの申込条件として、健康保険への加入や勤続年数11ヶ月以上などの条件があります。

働き始めたばかりの人は申し込めませんが、裏を返すと現在の状況を重視して審査を行っているとも解釈できるでしょう。

過去に延滞や債務整理をして信用情報に傷が付いていても、直近の状況に特に問題がなければ、申し込んでみるのがおすすめです。

フクホーは最短30分で仮審査の結果が出る

フクホーの商標キャプチャ

項目 詳細
金利 7.3%~20.0%
融資時間 最短即日
限度額 5万円~200万円
無利息期間 なし

フクホーは仮審査の結果が最短30分で分かります。

店舗があるのは大阪市ですが、インターネットにて全国どこからでも申し込みが可能です。

来店以外の場合は契約書の記入と返送が必要ですが、契約書はコンビニで印刷できるため、家族にバレたくない人も安心です。

返済金額を自分で選べるのも特徴の一つ。

すでに他社から借り入れがある場合も無理のない返済プランを立てられるため、資金繰りが厳しい人も利用しやすいでしょう。

もちろん繰り上げ返済も可能なので、一時的にお金が足りない人にもおすすめです。

ダイレクトワンは55日間無利息と大手に引けを取らない水準

ダイレクトワンの商標キャプチャ

項目 詳細
金利 4.9%~18.0%
融資時間 最短当日(店舗での契約の場合)
限度額 1万円~300万円
無利息期間 最大55日間

ダイレクトワンは、無利息期間が最大55日間と大手に引けを取らない水準を誇ります。

しかも初回の借入日からスタートするため、契約しただけでは消化されないのがうれしいポイントです。

東京都や神奈川県、東海地方にある店舗での申し込みなら、最短30分でカードを発行できるスピード感も特徴です。

インターネットからの申し込みも可能ですが、カードが届くまでは利用を開始できないため、即日の利用は難しいでしょう。

しかし電話で申し込んだあとに店舗に行けば、最短当日の融資も可能です。

商品ラインナップが豊富なのも特徴で、女性専用ローンや自営業者向けのローン、教育ローンも用意されています。

資金の用途が明確なら、目的のローンに申し込んでしっかりと事情を話せば、柔軟に対応してくれることも期待できます。

キャッシングの審査通過率が高めの独自審査に対応したカードローン

大手消費者金融の中でも審査通過率が高めなのは以下の5社です。

大手消費者金融は銀行系に属している業者が多く、審査基準を明確に決めている傾向にあります。

スコアリングシステムを使った審査に対応しており、年収が低かったり過去の信用情報に傷があったりすると、審査に落ちやすくなります。

ただし大手消費者金融でもいまや50.0%近い審査通過率となっているカードローンも多く、通過率が高めなところに申し込めば審査に通りやすいのも事実です。

無利息期間や電話での在籍確認がないなど、サービスの充実度を考えると大手の消費者金融も魅力的です。

各社どのようなサービスを展開しているのか見ていきましょう。

プロミスは最大金利が17.8%と低め

プロミスの商標キャプチャ

項目 詳細
公式サイト https://cyber.promise.co.jp/
金利 4.5%~17.8%※1
融資時間 最短20分
限度額 1万円~500万円
(新規契約時点では融資上限50万円)
無利息期間 最大30日間※2

※1 新規契約の方が対象となります。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※2 プロミスをはじめて利用の場合

プロミスは大手消費者金融の中でも、最大金利が17.8%と低めなのが特徴です。

少しでも金利を抑えたい人にはおすすめです。

審査スピードは最短20分とスピーディーで、2024年2月の新規成約率は36.9%。
参考:SMBCコンシューマーファイナンス|月次データ(2024年3月期2月)

さらに30日間の無利息期間は、初回借入日の翌日からスタートするところもポイントです。

「何かあったときのために契約だけしておきたい」といった場合にも無利息期間が無駄になりません。

スマホアプリも用意されており、アプリで申し込みから返済まで一貫してできるのも便利です。

アプリローンへのログインや毎月の返済でVポイントも貯められるため、借り入れをしながらポイ活もできます。

貯まったポイントは1ポイント=1円で買い物に使えたり、景品と交換できたりするので、お得に利用したい人はぜひ申し込みましょう。

プロミスに申し込む

SMBCモビットは三井住友のサービス利用者におすすめ

SMBCモビットの商標キャプチャ

項目 詳細
公式サイト https://www.mobit.ne.jp/
金利 3.0%~18.0%
融資時間 最短当日
限度額 1万円~800万円
無利息期間 なし

SMBCモビットは、三井住友グループの強みを生かし、他サービスとの連携が優れています。

以下のように三井住友のサービスのユーザーにうれしい要素があるのがポイントです。

  • 三井住友銀行ATMの手数料が無料
  • 三井住友銀行内のローン契約機でも申し込みが可能

他社にはない特徴として、LINE Payへの送金が可能な点が挙げられます。

お店でバーコード決済をしたいときに、ダイレクトにキャッシングできるのは便利です。

カードレスでも利用できますが、Tポイント機能が付いたカードの発行もできます。

無利息期間はありませんが、他社にはない独自のサービスを展開しているのがSMBCモビットの強みでもあります。

SMBCモビットに申し込む

アイフルは独自審査に対応したカードローンで審査通過も期待できる

アイフルの商標キャプチャ

項目 詳細
金利 3.0%~18.0%
融資時間 最短20分※1
限度額 1万円~800万円
無利息期間 最大30日間※2

※1 WEB申込の場合
※1 お申込の状況によってはご希望に添えない場合がございます。
※2 初めてのご利用、かつ、無損保キャッシングローンをご利用の方が対象

アイフルは大手消費者金融の中でも銀行系に属さず、独自審査に対応したカードローンです。

アイフル独自の審査を行っていることから、銀行系で過去借り入れがある人でも審査通過に期待ができます。

またアイフルでは、申込者の99.7%が電話での在籍確認をされなかった実績を持ちます。

プライバシーへの配慮が徹底されており、周りにバレることなく安心して利用できるでしょう。

スマホアプリのアイコンも着せ替えが可能なので、携帯の画面を覗かれてバレる心配もありません。

さらにアプリからの申し込みなら、カードや郵送物一切なしで利用できます。

融資までの時間も最短で20分とスピーディーで、急いでいる人の味方になってくれます。

2024年2月の新規成約率は36.1%と、約3人に1人が融資を受けられている状況です。
参考:アイフル|月次データ(2024年3月期)

新規契約なら、契約日の翌日から30日間の無利息期間を利用できるため、誰にも気づかれずに借りたい人はアイフルに申し込みましょう。

アイフルに申し込む

アコムは審査通過率が高め

アコムの商標キャプチャ

項目 詳細
金利 3.0%~18.0%※1
融資時間 最短20分※2
限度額 1万円~800万円
無利息期間 最大30日間

※1 契約極度額100万円以上の場合、3.00%~15.00%
※2 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムは大手消費者金融の中でも、新規貸付率が高めなのが特徴です。

2024年3月期下期のマンスリーレポートによると、新規貸付率は42.3%でした。

プロミスやアイフルの同時期のデータでは、おおむね30%台後半を推移しています。

審査に通るのは申込者の半分以下ではあるものの、アコムなら他の大手よりも融資を受けられる確率が高いと考えられるでしょう。

アコムは新規契約者には30日間の無利息期間を設けており、初回の返済負担を抑えられます。

スマホアプリもリリースされており、必要書類の提出や毎月の支払い管理などができて便利です。

融資までの時間は最短20分と最速水準のため、初めてのキャッシングはアコムに申し込んでみましょう。

レイクは選べる無利息期間がお得

レイクの商標キャプチャ

項目 詳細
金利 4.5%〜18.0%※1
融資時間 Webで最短25分融資も可能※2
限度額 1万円〜500万
無利息期間※3 ①30日間無利息
②60日間無利息
③180日間無利息

※1 貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります
※2 21時(日曜日は18時)までのご契約手続完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込が可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※3 初めてなら初回契約日の翌日から無利息
※3 無利息期間経過後は通常金利適用
※3 30日間無利息、60日無利息、180日間無利息の併用不可
※3 ご契約額が200万円超の方は30日間無利息のみになります
※3 Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。
※3 180日間無利息は契約額1万円~200万円まで5万円分に限り無利息

レイクの大きな特徴は、選べる無利息期間です。

Webからの申し込みなら、下記いずれかの無利息期間を選べます。

  • 借入額全額60日間無利息
  • 借入額のうち5万円まで180日間無利息

10万円以内の少額の借り入れを検討しているなら、180日間無利息を選べば返済の負担をぐっと減らせるでしょう。

数十万円借りる予定の人には、60日間がおすすめです。

Web申込で最短25分での融資も可能なため、すぐにお金が欲しいときにも助けてくれます。

発表されている最新データである2023年6月の新規成約率は26.6%と少々低めですが、無利息期間のメリットを考えるとチャレンジする価値はあります。
参考:新生銀行|データブック(2024年3月期第1四半期)

スマホアプリでは返済日の管理や増額の申し込みなどの手続きができるため、インストールしておくと便利です。

とにかく金利を節約したい人には、無利息サービスが充実したレイクがおすすめです。

キャッシングの審査に通りにくい人の特徴

過去にキャッシングの審査に落ちてしまった人や、現在落ちるのではないかと心配な人は、どのような原因があるのかを知るのが重要です。

キャッシングの審査に落ちる人の特徴として、以下3点が挙げられます。

  • 過去に支払いの延滞をしている
  • 収入が少ない・安定していない
  • すでに他社から多くの借り入れがある

審査に落ちる要素を知れば効果的な対策が取れるため、以下で詳しく見ていきましょう。

過去に2ヶ月以上キャッシングの返済を延滞していると審査に不利になる可能性あり

過去にクレジットカードや携帯料金、キャッシングの返済を延滞している人は、審査で不利になる可能性があります。

具体的には、2ヶ月または3ヶ月以上支払いを延滞している場合は審査に落ちる確率が一気に高まるので注意が必要です。

信用取引の支払い情報は、個人信用情報機関に記録されており、長期の延滞は「異動」として記録に残ります。

消費者金融に申し込むと、審査の際に信用情報機関へ照会が行われるため、延滞の履歴があると融資を受けられない可能性があるのです。

消費者金融の多くは、以下の信用情報機関に加盟しています。

異動の記録は、最長5年間保存されます。

自分の信用情報は開示請求ができるので、心配な人は上記の信用情報機関に問い合わせてみましょう。

収入が少ない(安定していない)ためキャッシングしても返済目処が立ちにくい

収入が少なかったり、逆に多くても安定しなかったりすると、審査に通りにくくなります。

どの消費者金融でも、申込条件として「安定した収入がある」ことを条件としているためです。

収入が少ないとは、厳密にいうと借入希望額に対して収入が低い状態を指します。

アルバイトをしている学生でも、収入に見合った希望額で申し込めば、審査に通る可能性は十分あります。

安定した収入とは、毎月継続して一定の収入がある状態です。

仮に年収が高くても、収入のタイミングが不定期だと審査に落ちる可能性があります。

消費者金融にとっての一番のリスクは、貸したお金が返ってこないことです。

そのため収入に見合わない金額の借り入れを希望している人や、収入が不安定な人は審査に落ちる傾向にあります。

すでに他社のキャッシング業者から多くの借り入れがある

すでに他社から多くの借り入れがある人は、新たなキャッシングの審査に通らない可能性があります。

具体的には、現在年収の1/3の金額を借りている人は、総量規制により新たな融資を受けられません。

例えば年収が300万円で、すでに他社から90万円借りている場合、追加で融資を受けられるのは10万円までです。

このとき追加で20万円借りたいと思っていても、法律上それは不可能です。

なお総量規制に抵触していなくても、年収の1/3ギリギリまで借りられるとは限りません。

審査の結果、返済能力が疑われると総量規制の範囲内であっても融資を断られる可能性があります。

キャッシングの審査に自信のない人が通過するためのポイント

審査に自信のない人が融資を受けるためには、以下のポイントを押さえるのが重要です。

  • 新規成約率を確認する
  • 複数社に同時申し込みをしない
  • 借入希望金額は少なめに申請する
  • 他社の借り入れはできるだけ返済しておく

自信がなくても、いくつかコツを押さえれば、審査に通過する確率を上げられます。

自分の工夫次第でできることばかりなので、できるものはぜひ実践してみましょう。

申し込みたいキャッシング業者の新規成約率を確認する

審査に通りやすい消費者金融を見極めるには、新規成約率をチェックするのがおすすめです。

審査基準との相性もあるため、成約率が高い=自分も審査に通るとは限りませんが、申し込む会社を選ぶ際の一つの参考になります。

プロミス・アコム・アイフル・レイクの大手消費者金融4社は新規成約率を公開しており、それぞれ2024年4月時点での最新データは以下の通りです。

消費者金融 新規成約率
プロミス 36.9%(2024年2月)
アコム 42.3%(期累計)
アイフル 36.1%(2024年2月)
レイク 26.6%(2023年6月)

参考:SMBCコンシューマーファイナンス|月次データ(2024年3月期2月)
アコム|マンスリーレポート(2024年3月期下期)
アイフル|月次データ(2024年3月期)
新生銀行|データブック(2024年3月期第1四半期)

上記を見ると、直近ではアコムの成約率が高いことが分かります。

特にこだわりがなければ、アコムに申し込むと融資を受けられるのが期待できます。

新規成約率は月によって上下するため、いつもアコムが1番とは限りません。

新規成約率を参考にするなら、各社の最新の月次データを確認しましょう。

ただしどの期間、どの会社でも審査に通る人は全体の半分以下です。

データからも、キャッシングの審査は決して甘くないのが分かるでしょう。

複数のキャッシング業者に同時に申し込みをしない

より審査に通る確率を上げるなら、複数社に申し込むより1社に絞る方が得策です。

申し込みの履歴も信用情報機関に記録され、他社も確認できるためです。

短期間にいくつもの消費者金融に申し込んでいる事実が分かると、お金に困っている人だと判断され、融資を敬遠される原因になります。

加えてもし複数社の審査を同時に通過した場合、総量規制に抵触する恐れもあることから、安易に通過させるわけにはいかなくなります。

キャッシングの申込履歴が信用情報機関に記録される期間は6ヶ月間です。

今後本当にお金が必要になったときに、短期間に何度も申し込みをしている記録があると審査で不利になるため、できるだけ申し込む会社は絞りましょう。

キャッシングへ申し込む際に借入希望金額は少なめに申請する

借入希望金額を必要最低限に抑えるのも重要です。

第一に総量規制に抵触するため、他社からの借り入れを含め年収の1/3以上の金額は申し込めません。

さらに50万円を超える金額の申し込みには、収入を証明する書類の提出が別途求められます。

これは希望金額が高額になるほど審査も慎重に行われることを意味します。

一度審査に通ってしまえば、後から増額の申し込みも可能です。

始めは5~10万円程度の少額を申請し、必要であればあとから増額審査を受ける方が「お金を借りる」という目的を達成しやすいでしょう。

他社の借り入れはできるだけ返済しておく

他社からの借り入れがある場合は、できる範囲で返済しておくのも重要です。

総量規制への対策になるのだけでなく、返済の意思のアピールにもなります。

仮に延滞中の支払いがあるなら、それを解消するのが最優先です。

延滞中の記録がある状態では、審査に通過するのはほとんど不可能でしょう。

なお他社からの借り入れ状況は審査の際に信用情報機関へ照会されるため、申込時にウソをついてもバレます。

虚偽の申告は消費者金融への心象を悪くしてしまうため、正直に申告するに越したことはありません。

キャッシングの審査に落ちてしまったときの対処法

もしキャッシングの審査に落ちてしまったときは、どのようにお金を工面すればよいのでしょうか。

以下の2つは、審査に落ちてしまった人でも利用できる可能性のあるお金の借り方です。

  • 質屋
  • おまとめローン

それぞれの特徴を解説するので、自分に合った方法を選びましょう。

質屋を利用する

質屋とは、手持ちの貴重品を質に出すことでお金を借りられるサービスです。

貴金属やブランド物のアイテムだけでなく、パソコンやゲーム機なども質に出せます。

質屋のメリットは品物が担保となるため、金融機関の審査に通らない人でもお金を借りられる点です。

仮にお金を返せなかったときは、品物の所有権が質屋に移るだけで、取り立てや信用情報機関への記録もありません。

ただし以下の点には注意する必要があります。

  • 借りられる金額は最低額の7~8割程度
  • 金利が月利1~5%と高い

例えば10万円を借りたい場合は、査定額が12~15万円程度の品物を用意しなければなりません。

また金利は月利のため、年利に換算すると消費者金融より高くなる可能性がある点に注意が必要です。

質屋でお金を借りる場合は、長くても数ヶ月以内に完済するのがよいでしょう。

おまとめローンを利用する

おまとめローンとは、複数社からの借り入れを1社にまとめるローン商品です。

おまとめローンを利用することで、現在の返済額や金利の負担が軽減される可能性があります。

支払い日や返済額の管理も楽になるため、家計のやりくりがしやすくなるのもメリットです。

ただし以下の点に注意が必要です。

  • おまとめローンにも審査がある
  • 追加の借り入れはできない
  • 返済が長引くと利息負担が増える

おまとめローンもお金を借りることに変わりないため、通常のキャッシングと同様に審査に通る必要があります。

またおまとめローンは返済専用のローンのため、追加の借り入れはできません。

おまとめローンで金利負担が減ったとしても、返済を長引かせればトータルの利息負担はむしろ増えてしまう可能性がある点にも注意が必要です。

どちらかというと、現在他社の返済で苦しい人におすすめの方法です。

監修者情報

林 裕二(はやし ゆうじ)

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。2018年に2級FP取得後、主に金融関連のライター・監修者として活動を開始。これまでに多くのメディアで執筆を担当し、計1500本以上寄稿(金融系は500本以上)。また、5つのメディアで監修業務を担当。現在もライター兼監修者として読者に正しい知識を提供し、多くの人の悩みや疑問の解決を目指している。

-カードローン